« ニキータ リュック・ベッソン | トップページ | ER緊急救命室 Ⅸ »

2005-11-12

12人の優しい日本人 三谷幸喜

12人の優しい日本人
B00005HNT4塩見三省 豊川悦司 中原俊

ジェネオン エンタテインメント 2000-10-25
売り上げランキング : 7,450

おすすめ平均 star
star人間模様の面白さ
star頭から離れない
star優しいという形容詞

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本に陪審員制度があったら?
ヘンリー・フォンダ主演の名作「12人の怒れる男」を三谷幸喜が東京サンシャイン・ボーイズの舞台脚本化。
それの映画版。

原作は、超シリアスな裁判モノと言う感じだが、三谷版はコメディ。
分かれたヤクザな元夫に復縁を迫られた若い元妻が元旦那をトラックに突き飛ばした事件を陪審する。
みな優しい日本人。女性への同情で無罪を宣告するが、疑問を持つ若者が有罪を宣告。無罪の理由を問い詰めるが、「フィーリング。」と答える。
原作と見比べると三谷風な演出との違いを楽しめる。

豊川悦司が若い。原作では主人公がひとりでどんどん議論を進行していくが、ここでは、何人かが入れ替わり議論の主体となる。最後のキーを握っていたのは豊川扮する弁護士を騙る役者。
当初ヘンリーフォンダ役かも?と思っていた有罪を申し立てた人物はどんでん返しでギャフンと言わされてる。

脚本の違いを楽しみましょう。

【amazonでレビューを見る。】 12人の優しい日本人

« ニキータ リュック・ベッソン | トップページ | ER緊急救命室 Ⅸ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136189/7080447

この記事へのトラックバック一覧です: 12人の優しい日本人 三谷幸喜:

« ニキータ リュック・ベッソン | トップページ | ER緊急救命室 Ⅸ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ